top of page
  • 執筆者の写真田村 秀規

Mar. 08, 2024 ベースプレートの設置   軟弱地盤における杭基礎工事(2) - 笹目の作業場 Base Plate Installation - Sasame Workshop 

更新日:3月16日

基礎工事が無事終わり、まずはほっとしています。着工後まもなく起きた能登半島地震では、杭が基礎から抜け、倒壊した建物があったそうです。今回のような軟弱地盤にあってはことさら、地盤の下に隠れて見えない下部構造の役割はとても重要なのです。35mの杭ともなれば多少の芯ずれは避けられず、その修正法を含め、構造設計者と共に細部まで入念にチェックを行いました。

ところで、この建築では柱、梁といった主要な架構を、仕上げ材と等価の空間構成要素と捉え、あえて「表し」とする予定です。杭基礎上部に残されたベースプレートもまた、床スラブ打設後には隠れてしまいますが、鉄骨柱の応力を杭基礎に伝える上で、重要な柱脚パーツです。4月中旬、鉄骨建方が始まるまで、しばらくここに鎮座し続けます。田村


The foundation work has concluded successfully, bringing a sense of relief. Following the Noto Peninsula earthquake early in the construction phase, reports emerged of buildings collapsing due to loose piles. Given the soft ground conditions, the unseen substructure beneath plays a vital role. With piles reaching 35 meters, some deviation is inevitable, so we meticulously checked every detail, including how to rectify any misalignment, in collaboration with the structural designers.

Additionally, we plan to integrate main framework elements like columns and beams as expressive featurese quivalent to finishing materials. Despite the base plates being concealed after the floor slab is laid, they remain crucial in transmitting stresses to the pile foundation. It will continue to remain here until the middle of April when the steel frame construction begins.





Comments


bottom of page