はじめに

 

建ものは大地に固定されますが、地球は常に一定のサイクルで動いています。それが日常生活に季節や多彩な変化、つまり「時間的な差異」を運び、人の成長をはぐくみます。そのような日々のリズムに耳を傾けるならば、用途が限定された建ものよりは、人と光と風の動きを手がかりに、多様な体験が生まれる多様な居場所と、それらを連ねる柔軟なシナリオが必要になるでしょう。建築は長い歳月慣れ親しむことで深みを増すような「時間体験」です。固定的な器としての建ものにとらわれず、人の成長や活動の変化を念頭に、日々の生活が発見につながるような、「差異の建築」を目指しています。

差異の建築に向けて

建築とは単に洒落た建もののことではありません。建ものは「手段」として要請されますが、建築の「目的」ではないはずです。建築は本質的に「持続(la durée」、つまり連続的な時間の流れに身を投じることで得られる体験です。楽譜を通じて音楽が生まれるように、建ものを通じて建築が生まれると例えればよいでしょうか。しかし持続としての建築は、建ものがアフォードする可能性がパターン化するにつれ、その活動サイクルは恒常化し、惰性的な反復運動(習慣化)へと向かいます。日常的に建築は、無意識的な所作を通じて体験されるのが自然です。そのうえ「習慣」による恒常化、「記憶」による保存-表象は、共に主体の保持には欠かせない「時間の様態」なので、建築をもってそれらの惰性に立ち向かうことは、容易ではなさそうです。

ただし、習慣と記憶の円環運動に身をゆだねつつも、ひっそりとその輪を切り開き、らせん運動へと軌道転換するような第3の時間の様態として、「感性そのものの差異化」という方向性が残されているはずです。かつてジョン・ケージが試みた「偶然性の音楽」のように、建築が少なからず「未来」という、創造的な次元へと超出していくためには、私たちを習慣から「習得」へと誘い、偶発性(予期不可能性)にこそその活路を見出すような、なんらかの触媒が必要と考えます。しかし無論、偶然と発見に満ちた時を紡ぐ、豊かな建築を生み出す手法が、安易に一般化され得るはずもなく、その都度異なる与件に対し個別に問いかけ、新鮮な日常が日々更新され続けてゆくような「差異の建築 - Differential Architecture」を、私たちは探っていくつもりです。

TOWARD DIFFERENTIAL ARCHITECTURE

Architecture should not be merely about stylish buildings. Buildings will not be the "purpose," but the "means" of architecture. As music emerges by means of musical scores, architecture will emerge as "duration (la durée - time experience)" by means of buildings. Duration in architecture, however, involves certain risks to reach the saturation point (dissipation of difference), as its potential and cycle afforded by buildings become stable. It will be natural for architecture to be experienced through our unconscious behaviors. Moreover, the internal stability, homeostasis, brought by "habit," and the system of preservation and representation brought by "memory," are both "the behaviors of time" indispensable to maintain the "subject". Thus it will not be easy to resist these momentum.

However, there should be the third behavior of time that "differentiates sensibility itself," pretending to yield ourselves to the circular motion of habit and memory, stealthily changing it into the spiral motion. It will be necessary for architecture to take on some sort of catalyst which leads us from "habit" to "acquisition," and finds the new way in contingency (unpredictability) as "Chance Music" once experimented by John Cage, so that it can transcend to the creative phase called "future." No matter how we try to find the way to generate time-based architecture which is full of contingencies and discoveries, it cannot be easily methodized. What we pursue with "Differential Architecture" will be rather engaged in the particular approach to every different precondition, so that we can continuously update our daily lives afresh.

(c) PODA, All Rights Reserved. 

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic